あなたを誘う“美”の世界


Madonna_di_Senigallia 美術の真髄に触れる


西洋美術を好む方ならば誰しも、一度は訪れてみたい憧れの町、教会や美術館などがあるでしょう。また、現地に点在する憧れの画家の作品をくまなく鑑賞してみたい…そんな夢を持っている方も少なくないはずです。画集でしか見られなかったあの作品を観に、また芸術家の足跡を追って、感動の旅に出かけませんか。






思い出をキャンバスに閉じこめて

Madonna_di_Senigallia
ワールドビュウでは、スケッチ仲間と行く各国のスケッチ旅行をご提案しています。荘厳な世界遺産の街々、花の咲き誇る小さな村々、哀愁の漂う石造りの町並み…。その土地の文化と触れ合いながら思い思いに描く。その土地の空気、仲間との想い出も一緒に絵の中にとじこめられるという素晴らしさが、スケッチ旅行にはあります。
美術の真髄に触れる
カラヴァッジオ ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ
(MICHELANGELO MERISI DA CARAVAGGIO)
1571年~1610年
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは、バロック期のイタリアを代表する画家。1593年から1610年にかけて、ローマ、ナポリ、マルタ、シチリアで活動し、カラヴァッジョ(Caravaggio)という通称で広く知られている。人間本来の姿を写実的に描く手法と、光と陰の印象的な表現はバロック絵画の形成に大きな影響を与えた。その功績とともに、その波乱万丈な一生は有名である。殺人犯としての罪を背負いながらも、ローマのほか、ナポリ、マルタ、シチリア等で数々の傑作を生み出した。 代表作は『聖マタイの殉教』『懺悔するマグダラのマリア』『エジプトへの逃避途上の休息』など。


光と影の天才画家・カラヴァッジョの足跡をたどる旅
カラヴァッジョゆかりの地を訪れます:ローマ、ナポリ、マルタ
ローマではカラヴァッジョの傑作『聖マタイ連作』を求めてサン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会へ。音楽を奏でて聖家族を癒す天使が描かれた『エジプトへの逃避』を所蔵するドーリア・パンフィーリ美術館へ。聖人達の劇的な瞬間をとらえた『聖ピエトロの磔刑』『聖パウロの改宗』のあるサンタ・マリア・デル・ポポロ教会などを訪れます。 ナポリでは、カラヴァッジョ作品の中でも特に複雑な構図で描かれている『慈悲の七つの行い』のあるピオ・モンテ・デラ・ミゼリコルディア聖堂や、『キリストの鞭打ち』を所蔵するカポディモンテ美術館などを訪れます。 マルタ共和国はカラヴァッジョが逃亡した地として、画家の生涯を追うには欠かせない訪問先。サン・ジョヴァンニ聖堂の『洗礼者ヨハネの斬首』を鑑賞します。


カラヴァッジオ ピエロ・デッラ・フランチェスカ
(PIERO DELLA FRANCESCA)
1415年~1492年
トスカーナ州アレッツォ近郊の町、ボルゴ・サンセポルクロに生まれた初期ルネッサンスの巨匠。アレッツォ、ウルビーノなどで活躍した。数学者、建築家としての素養を活かし、立体幾何学や遠近法も反映したその作風は抽象的・幾何学的・精密でありまた大変静謐で優雅さも併せ持っている。
代表作は『出産の聖母』『聖十字架伝説』『キリストの復活』など。




観る者を深い静寂に包みこむ
初期ルネッサンスの巨匠・ピエロ・デッラ・フランチェスカの足跡をたどる旅

ピエロ・デッラ・フランチェスカゆかりの地を訪れます:アレッツォ、モンテルキ、サンセポルクロ、ウルビーノ、ペルージャ
ピエロの作品は多くが中部イタリアの中小都市に残されています。アレッツォでは最高傑作『聖十字架伝説』のあるサン・フランチェスコ教会を、ピエロの生誕の地サンセポルクロでは旗を掲げ堂々と起き上がるキリストが印象的な『キリストの復活』を、ペルージャでは国立ウンブリア美術館で晩年の傑作『サンタントニオ祭壇画』を、ウルビーノでは幼子イエスをやさしく抱くマリアが美しい『セニガッリアの聖母』を鑑賞。またモンテルキでは独特の構図で描かれた『出産の聖母』に出逢います。


カラヴァッジオ 芸術の街、フィレンツェには、ウフィツィ美術館やアカデミア美術館をはじめとする有名美術館から、小さな宝石のような美術館、歴史ある教会、魅力的なルネサンス庭園などバラエティに富んだ興味深い場所が多数ございます。専門的な美術史の解説付きのご案内から、リラックスした楽しい街歩きまで、有意義なフィレンツェ滞在となっていただけるようなプランです。
■偉大なる美術館   ■知る人ぞ知る美術館
■じっくり教会アート  ■イタリア庭園
■フィレンツェの伝統を体験

フィレンツェ好きや美術史愛好家の方々に好評
新たなフィレンツェの魅力に浸る
ルネサンス芸術を堪能するフィレンツェ8日間